Blog

dogdeco diary 愛犬と暮らす、すべての人へ

犬とベッドと冬到来。

2021/11/26

日に日に寒くなっていくので、ウェアのお問い合わせが増えています。Tシャツタイプのもの、4legs、生地などでサイズが変わってきますのでお分かりにならない場合は、実際に東小金井にいらしていただけると嬉しいです。またお電話でもお気軽にお問合せください。

GEORGEのナッパーベッドが入荷いたしました。ふかふかなのに弾力もある、なかなか心地の良い素材です。数ある犬のものの中で、愛犬のベッドはなぜかいくつあってもまた欲しくなってしまうアイテムのひとつです。冬になりくるっと丸まって寝ていたり、ベッドのふちにあごを乗せて寝る犬を見ているとなんとも言えぬ幸せな気持ちになります。

新作ウェアも続々と入荷いたします。Life is Journey 21 / MIP ブルーピンクの2色展開。

薄手でありながら暖かく、室内でも快適に着られるウェアです。

GOERGEのおなじみボンバーヒート。 パープル/ホワイト

Primeflex Strech HAPPYTシャツ。 サックス/ピンク

一昨日のこと。散歩をしていたら前方から小さい女の子が犬に引き摺られるように走ってきました。嫌だな〜と思っていたら予感的中しまして、女の子は犬のリードを放してしまい、その犬は一目散に私の連れていた2匹に吠えかかり、覆いかぶさってきました。幸い2匹とも動かずでしたので、抱きかかえることができ、噛むことも噛まれることもありませんでしたが、私の履いていたデニムはその犬に飛びつかれ泥だらけに。飼い主さんは女の子を責め、すいませんと二度だけ言い騒がしく立ち去っていきました。お母様方はおしゃべりに夢中で見ておらず、小さい子にしつけられていない犬のリードを持たせており、起こるべくして起こったことだと言えます。怒りとともになんとも言えぬ感情も湧き上がってきて一日、どんよりとした気持ちで過ごしました。私たちがいなかったらその犬は走り去り、車に撥ねられていたかもしれません。明らかに不注意でしかなくて起こる事故ほど悲しいことはありません。これで両者の犬が怪我をしていたらもっともっと悲しい気持ちになっていたんだろうなと何度も何度も考えました。短いリードをなぜ使わないの?と引き止めて言おうかと思いました。私だったらあんな小さい子に自分の背よりあるリードを持たせない。そもそも根本の問題なわけで、本当に犬が気の毒になりました。もしかしておやつをたくさんもらって、自由にさせてもらっているかもしれない。我が家の2匹のように注意をされることも少ないかもしれない。でも果たして犬は幸せなのかなと思いました。これを機に改め直してくれればいいなと願うしかできないですが、吠えたり、噛んだり、飼い主さんの指示を全く聞けない犬との暮らしは決して幸せとは言えないな、と。私の犬がそうであったら…なんとかして、どうにかするであろうな。いや、どうにかしたんだった。ひどかったんだったうちも。

朝の散歩が本当に心地よくて、ぐんぐんと2匹と歩いてしまいます。トイプードルの関節もようやく外れなくはなったものの、やはり寒くなると痛みは増すらしく少しでも暖かくしてあげること、血の巡りを良くしてあげること、筋肉量の維持を心がけています。サプリメントも追加し食事に混ぜています。痛みがあるから散歩は控えようとか、ついつい思ってしまいがちですがとにかく筋肉を落とさないこと。人間と一緒ですね。いつか本当に歩けなくなるそのときまで散歩を楽しみたいと思います。犬を飼うってそういうことだから。

小金井公園の銀杏の黄葉もキレイです。ぜひ今週末遊びにいらしてください。